パストン兄弟の徒然日記

続・青春の門? ~ 千仏鍾乳洞で完結 ~

この日最後は、ジモティーな相棒さんのオススメで、
日本三大カルスト台地の1つ=沢山の羊がいるように見えると噂の平尾台を通過して


手付かずで神秘的な、千仏鍾乳洞に行ってきましたよ


なんと、抱っこ出来るサイズのワンコは一緒に入る事が出来るんです
キャリーバッグを200円で借りて、ムートンを管理人さんに預けて出発


1年中15~16℃に保たれている鍾乳洞内、膝まで浸かる水がつつつ冷たいー


パストン地方では鍾乳洞がなく(多分)、私が選ばなそうなスポットなので、
新鮮でめちゃくちゃ興奮したってわけです


これからはもっともっと、自然体験をしてみたいと思った1日の締めくくり


チーム運びやすいの大喬ちゃん&子明ちゃん、今日はお付き合いありがとう
相棒さん、いつも リサーチ&運転、本当に感謝しています


帰宅後、管理人さんは爆睡したそうですよ
2週連続でお世話になりました、ブログやっていて本当に良かったと実感
管理人さん&相棒さん、福岡の魅力を教えてくれて、ありがとうございました


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop

続・青春の門? ~ 炭鉱の食事編 ~

別の角度から見た香春岳。山頂はなくなり、山肌も削られた形状に
何に魅力を感じるかは人それぞれ…私は痛いほど歴史を刻んだ山に惹かれるようです。


さて、トロッコ列車を堪能した後は、鯨料理を食べに「あをぎり」さんへ
古いお店そのものが、有形指定文化財に登録されています


管理人さんはくじら御膳…鯨型のご飯が印象的ですね


私はごっとんランチを
「ごっとん」 とは、炭鉱夫たちの合いの手だったようですよ~。


ご飯の盛り方でボタ山を表現しているそうです
(※ボタ山とは…石炭を採掘・選別した時に出る捨石を積み上げたことで出来た山)
矢印は塩鯨…鯨の塩漬けは汗をかく炭鉱労働者の塩分補給の郷土料理ですって


管理人さんと私がご飯を満喫できるのは…
相棒さんが4匹と車で待機してくれるからですよ、ありがとうございました


わざわざサービスエリアに寄ってもらって食べたのが…石炭ソフトクリーム
普通のチョコレート味ですが、炭が入っているそうです
アイスの食べ進め方で香春岳を再現…採掘前の香春岳、まだ一般的な山の形状


採掘後の香春岳…人間、暇だと色々考えますよね


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ

PageTop

続・青春の門? ~ 赤村トロッコ油須原線 ~

「香春岳(かわらだけ)は異様な山である。
決して高い山ではないが、その与える印象が異様なのだ。」

これは、五木寛之 「青春の門 筑豊編」 の冒頭の一文です
そして写真が香春岳…石炭の採掘により、山肌が剥き出し、山頂がまっ平らなんです。


学生の頃にこの作品を読んでから…私の中で福岡≒炭鉱の街という印象でした。
というわけで前回に引き続き、mbd管理人さん&相棒さんに連れて行ってもらったのは…
福岡で絶対にやりたい3つの事の2つ目、「筑豊で炭鉱歴史巡り」 です
まずは平成筑豊鉄道赤駅に向かい、この階段を下って…


「赤村トロッコ油須原(ゆすばる)線」に乗りに来ました
毎月第2日曜日限定で運行されている、石炭を運送する「はず」だった幻のトロッコです。
実はこの列車は敷設されたものの、一度も運行することはありませんでした。
1960年代のエネルギー革命(石炭から石油へ)で、鉱山が次々に閉鎖されたからです。


ワンコは飼い主の自己責任、スタッフへの応相談で乗れる場合もあります。
ワンコはトロッコ酔いしやすく、独特の揺れや音でパニックになる子が多いようで、
長くて真っ暗なトンネルで逃げだしたら、探すのが極めて困難ということです
(トンネル内で携帯やカメラを落とすと、出てこないそうですよ
百戦錬磨の2匹は大丈夫だと思ったので、乗車させてもらいました


懐かしい厚手の切符を買って、「だいたい10時出発」 の始発トロッコに乗車
朝一がオススメです、長い時は1~2時間待ちですので


mbd7の選抜メンバー 「チーム☆運びやすい」 からは、大喬&子明ちゃんが参加
大喬ちゃん、この後のトロッコで、断末魔の叫び~~~、お疲れ様でした
管理人さんのこの様子…某テレビ局の取材を受けていたんですよ
(この日の夜のニュースで、私たち全員、ちゃっかり放送されていました


初めてのトロッコ列車に大興奮…気分はインディ・ジョーンズのハリソン・フォード
左先頭の方が、某テレビ局のカメラマンですよ~。


水が滴る真っ暗なトンネルの中には、30~40羽のコウモリ…気分はバットマン
わざわざ行ってまで乗る価値のある、歴史的遺産だと思います


列車から見える内田三連橋梁(通称:みつあんきょう)は、国の登録有形文化財です。


ムートンも説明を聞いて、のどかな景色を堪能したようでした


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ

PageTop