パストン兄弟の徒然日記

横浜の水道トリビア

今日は、私たちの生活に欠かせない、水道の歴史を探ってみましょう
日本の近代水道は、実は横浜が発祥なんですよ
エールが見上げているのは、近代水道の父と称されるH・S・パーマー氏の胸像。


胸像の背後に見えるのが、「野毛山配水池」です。
水道が整備されるまで、横浜の水は水質が悪く、伝染病も多かったとか…。


1887年に水道が誕生した時の、横浜市民の喜びはすごかったでしょうね


野毛三丁目公園にあるのは、日本近代水道最古の水道管です
功績を称えられ、パーマー氏が描かれていますね。


これは去年の冬頃の2ワン… 随分と若いのは気のせいかしらん


広い世界を見渡せば、水道水を直接飲める国は、非常に限られていますよね。
生活と衛生の向上に計り知れない恩恵をもたらしてくれた、先人の英知と努力に乾杯


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)