パストン兄弟の徒然日記

続・青春の門? ~ 炭鉱の食事編 ~

別の角度から見た香春岳。山頂はなくなり、山肌も削られた形状に
何に魅力を感じるかは人それぞれ…私は痛いほど歴史を刻んだ山に惹かれるようです。


さて、トロッコ列車を堪能した後は、鯨料理を食べに「あをぎり」さんへ
古いお店そのものが、有形指定文化財に登録されています


管理人さんはくじら御膳…鯨型のご飯が印象的ですね


私はごっとんランチを
「ごっとん」 とは、炭鉱夫たちの合いの手だったようですよ~。


ご飯の盛り方でボタ山を表現しているそうです
(※ボタ山とは…石炭を採掘・選別した時に出る捨石を積み上げたことで出来た山)
矢印は塩鯨…鯨の塩漬けは汗をかく炭鉱労働者の塩分補給の郷土料理ですって


管理人さんと私がご飯を満喫できるのは…
相棒さんが4匹と車で待機してくれるからですよ、ありがとうございました


わざわざサービスエリアに寄ってもらって食べたのが…石炭ソフトクリーム
普通のチョコレート味ですが、炭が入っているそうです
アイスの食べ進め方で香春岳を再現…採掘前の香春岳、まだ一般的な山の形状


採掘後の香春岳…人間、暇だと色々考えますよね


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)