パストン兄弟の徒然日記

続・青春の門? ~ 石炭記念公園 ~

 月が出た出た 月が出た (ヨイヨイ) 三井炭鉱の上に出た
あまり煙突が高いので さぞやお月さん 煙たかろう (サノヨイヨイ)


盆踊りで流れる定番のこの曲…実は、田川市発祥と言われている炭坑節です
そして 「あまり煙突が高いので」 の歌詞は、この煙突を指しているんですよ
旧三井田川鉱業所 第一・第二煙突をどこで見られるかというと…


田川市石炭記念公園です、こんなに見応えのある公園は滅多にないですね
相棒さんの後ろの三角錐…ボタ山でも表現しているんでしょうか??
大喬ちゃん(左)、練習中のマーチングバンドの楽器音に、絶賛ご乱心中


「俺たちはボタ(捨石)じゃない」と刻まれた、筑豊じん肺の記念碑。
じん肺に苦しむ元炭鉱夫とその妻たちが、国に対して訴訟し、
18年4か月に及ぶ闘いの末、勝利を収めた事を記念しています。


伊田竪坑櫓、筑豊で唯一現存する櫓だそうです。


石炭を運搬したSL、後ろには貨車もついています。


やっぱり香春岳を背景に記念撮影、本当に来て良かったです


公園敷地内に、田川市石炭・歴史博物館があります。
常に死と隣り合わせの危険な作業を、裸でやっていたんですね…。
炭鉱労働者の安全管理は、長い間軽視され、何度も大惨事に見舞われました。


どうしても実物を見たかった、山本作兵衛翁の炭鉱の労働や生活を記録した絵画
炭鉱に関する記録が乏しい中、作兵衛翁の絵は、極めて貴重な史料になっています。
それが認められて、日本で最初の「世界記憶遺産」に登録されているんですよ。
写真撮影はNGだったので、今回の旅の前に熟読した画文集だけ紹介しておきます


世界文化遺産に登録が決定した、明治日本の産業革命遺産。
みなさんも足を延ばしてみてはいかがでしょうか
おまけ : 炭鉱で働く妻のお手伝いをする管理人さん、違和感ないですよ


本日、コメント欄を閉じます。
みなさまのブログには、訪問・応援ポチで遊びに行きます!


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)