パストン兄弟の徒然日記

ワクチンプログラム完了

おやおや、シャキッとしてどこかへお出かけですか?


はいっ、ムートン残念!
今日は3回目=最後のワクチン接種でした。
前回の接種(7月22日記事)では文句の一つも言わなかったムートンですが、
今回はギャンギャン鳴いていました。
先生曰く、「そろそろ恐怖心が芽生えてきたかな~」とのこと。
1.8kgになり、すくすくと成長しています。


付き添いのオーパスは、ムートンを冷やかし励まします!
ついでに体重を測定してもらったら、3.4kgで、前回から0.1kg増加していました…。



先生とは、本当に色々とお話しします。
そこで幾つか小ネタのご紹介を (長いので、興味のない方は読み飛ばしを)。

私)パストン地方のパルボ、ジステバーの発生率は?
Dr)年に1例診る程度、他県からの保護犬が多い。
  近隣住民の飼犬のワクチン接種率が高いことが、功を奏しているかな。
  ジステンバーは数年後に症状が出ることもあるから、要注意。
私)死因の特定は確か?
Dr)日本の獣医で病理専門はほとんどいない。
  剖検率も低く、飼い主が拒否する事も多い。
私)個人的には、剖検の価値のある症例だったら、腑分けしてもらってOK。

私)最近コウモリが多い。狂犬病の心配は?
Dr)○○交差点に多いよね。
  日本のコウモリは狂犬病ウイルスを保有していないと思う。
  コウモリを写真に収めたくて夜中にウロウロしてるよ、職質されないか心配…。
私)私もまだコウモリの写真に撮れていない、というか動きが速過ぎて取れない…。
  ところで、狂犬病ワクチンの接種率は? (※法律で定められた飼い主の義務)
Dr)40%程度と低い、万が一蔓延したら大変。

Dr)最近は、アメリカの影響で、膵臓のオペ後にすぐに食事を始めるのが流行り。
私)そうすると、どのようなoutcome(結果)が得られるの?
Dr)退院が早くなる(=在院日数が短くなる)。
私)なるほど。その他のoutcomeは?合併症や再入院の発生率とか?
Dr)まさにその通りで、adverse event(有害事象)の発生率が上がっている。
私)outocomeを何にするかが問題。
   adverse eventの発生率が有意に上がっていたら、やるべきではないと思う…。

私)ムートンのお散歩は、いつからが目安?
Dr)感染のリスクだけで言うと、1ヶ月後と言いたいところ。
私)(一気に顔が曇り、不穏な空気が立ち込める…)
Dr)そんな考えではないでしょうから、1週間後目途にボチボチ始めますか。
私)ですよね、了解しました!!!!!
       ・
       ・
       ・
ワクチン接種と診察が10分、お喋りが約40分!
話は尽きないのでまた今度にしましょうという事で、帰路につきました。
先生方の腕は傷だらけでした…本当にお疲れ様です。

ワクチン接種後は安静に…といっても、犬ですし、多頭飼いですし…。
接種から1時間後の写真。ムーンフェイスや嘔吐などの異常はありません◎


接種から3時間後の写真。特に何もありませんので、この後全員夢の中へ…zzz


↓ポチッと押して、応援をお願いします

犬・多頭飼い ブログランキングへ
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ひさびさにのぞきに来たら、めちゃめちゃ更新されてるー(*≧∀≦*)全部読めるかな?!
ムートンお散歩楽しみだね♪

前の名前忘れちゃったss | URL | 2014/08/19 (Tue) 20:29 [編集]


ssさま
多分あのssさんだろうと思いながら返事を!
ご訪問どうもありがとう、ブログ開設以来、今のところ毎日更新中。
なかなか楽しみながらやっているよ~。

ぱすとんまま | URL | 2014/08/20 (Wed) 10:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)